Electronic Lockers

 

 使用方法はmaxxやflexxなどと全く同じです。ターミナルにユーザーカードを翳して、許可されたロッカーからアイテムを取り出すことができます。

 各ロッカーはケーブル1本で接続し、必要に応じて増設していくことができます。

 flexxⅡとデザインや寸法を合わせることができ、鍵などと合わせて貴重品をまとめて管理することができます。

 内蔵のバッテリーで停電中でも貴重品を取り出すことができます。

pillar L (ピラーL)

 

大型の扉で、スーツケース等を収納することができます。

扉毎に、電子シリンダーの他、ケーブルを配す穴が設けられており、充電用のケーブル等を通すことも可能です。

 

  • pillar L4: 外形:650 x 1920 x 550mm、内径:530 x 397x 525mm

  • pillar L6: 外形:650 x 1920 x 550mm、内径:530 x 260 x 525mm

  • pillar L8: 外形:650 x 1920 x 550mm、内径:530 x 192 x 525mm

 

 

用途:測定器管理、貴重品を入れたスーツケース管理、航空機のブラックボックス管理等

   スポーツカーメーカー、航空関係、軍事施設、研究機関等

pillar Sシリーズ (ピラーSシリーズ)

 

 pllarSは、小型の扉で仕切られたスリムな電子キャビネットです。

 構造はpillarLと同じですが、幅25cm、奥行:30cmとスリムで、10~14に仕切られており、必要な数に応じて並べていける仕様です。 扉毎に、電子シリンダーの他、ケーブルを配す穴が設けられており、充電用のケーブル等を通すことも可能です。

 

  • pillar S10J   :外形:250 x 1920 x 300mm、内径:165 x 123 x 295mmx10扉

  • pillar S10J/8JT :外形:250 x 1920 x 300mm、内径:165 x 123 x 295mmx8扉

                            ターミナル1台を組み込み可能

  • pillar S12J   :外形:250 x 1920 x 300mm、内径:165 x 123 x 295mmx12扉

  • pillar S10J/10JT:外形:250 x 1920 x 300mm、内径:165 x 123 x 295mmx10扉

                            ターミナル1台を組み込み可能

 

  • pillar S14J     : 外形:250 x 1920 x 300mm、内径:165 x 96 x 295mmx14扉

  • pillar S14/11JT:外形:250 x 1920 x 300mm、内径:165 x 96 x 295mmx10扉

                            ターミナル1台を組み込み可能

 

 

用途:大量の鍵束、文書、無線機、モバイル端末、金券類等

   刑務所、ビル管理会社、教育機関、軍事施設、データセンター等

 

Electronic Lockers (電子ロッカー)

 

proxSafe-貴重品の貸出・返却管理システム

 proxSafeロッカーは、貴重品の貸し出し返却を自動化します。各ロッカー扉内に1つずつキーシリンダーと電気錠がついており、貴重品に結束したキータグを収納して貴重品を管理します。

 他のキャビネットとも完全に互換性があり、一緒に並べて使用することができます。

 proxSafe ロッカーにより、無線機、測定器、武器、スーツケース、モバイルPC、文書(証書や金券)、大量の鍵束などを不正使用から守ります。

weapon pillar W12(ウェポンピラーW12)

 

 拳銃などの武器やモバイル機器を収納でできます。

 拳銃にRFタグを埋め込み、中に置かれていることを常に監視します。

 取り出し方法は他の鍵と同じで、返却時はターミナルに拳銃をかざすことで決められた場所へ戻すことができます。

   ロッカー内の決められた位置にセットすることで返却と認識します。

 これにより、武器の持出状況がリアルタイムで監視できます。

 ※:管理する武器毎にRFチップと内蔵部品を構成する必要があります。

 

  • Weapon pillar W12 :外形:415 x 1920 x 300mm、内径::325 x 116 x 295mm    

                                                                                       x12扉

flexxⅡ36Uによる radio(無線機)管理

 

flexxⅡのキーパネルの代わりに、充電器収納モジュールを搭載することで、

無線機などの電子機器を収納することができます。

 

※:収納する充電器毎に設計を変える必要があります。

※:充電中に高温を発するものは収納できません。